独自の技術

クリニックによって、包茎手術に使用する技術というのはかなり変わってくる物で独自の技術を持っているようなところも最近では見られるようになりました。
特に、包茎治療をする中でも注目されるのはやはりペニスの皮を切除する際に、処置を終えた後いかに自然な形になるのかということを考えたやり方ですね。
例えば、専門機関の独自の技術の一つにカスタムメイド包茎治療というような物があります。
これは、三次元精密作図法によってペニスを正確に計測してどの程度の皮が余っているのかなど、個人差の大きさも考えつつ一人一人のペニスの大きさや形、そして皮の被っている度合いや症状に合わせて包茎治療をしてくれるんですね。
勿論、それらは全て医院側で決定するというわけではなくあらかじめ最初に相談をしているときにどんなふうにしてほしいのかというような希望を取り入れるようにもしているのですね。
ペニスというのは大きさや長さというのは勿論ですが、湾曲具合やねじれ具合など人によってまるで違いますし通常時と勃起時の差というのも人によってまるで違いますので全く同じようなやり方をするわけにはいかないわけですね。
しかし、このカスタムメイド包茎治療であればそう言ったペニスの形状などの細かい部分を全て測定してから精密な作図をすることによって一人一人のペニスに合わせた最も美しく違和感のないような仕上がりをするというような治療法となっているのです。
亀頭のすぐ下の環状溝部分に縫合面が来るように立体的なデザインをすることで縫合跡が亀頭の下の溝に隠れて皺の中にあるように計算していますので包茎治療をした跡が殆ど目立たなくなるというような形になっているのです。
包茎治療ひとつとっても、縫合の仕方は勿論ですが切除線などもコンピューターを利用して、しっかりと作図をした後でそれに従って処置をしてくれますので、自分のペニスが自然な形に出来上がるようにしてくれるというわけです。

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP