包茎手術の皮の切除の仕方

今、包茎手術の中でもポピュラーな物の一つになってきている技術に環状切開術というようなやり方があるのですがこれも整形外科手術の中ではかなり最新の技術になっているような物なんですね。
この、環状切開術というのは要はペニスの皮を切除する時にペニスを出来るだけ伸ばした状態にしながらその状態で余分な皮を環状、つまり輪の形にして切除した後に縫合するというようなやり方になっています。
昨今では、包茎手術ではこのやり方が一般的な物になって来ておりクリニックだけではなく泌尿器科などでもこの工程を取ることが多いんですね。
しかし、専門機関の医院などではこの技術を取りながらさらに縫合するための糸を吸収糸という物を使っているんです。
この吸収糸というのは、要は時間が経つと溶けて無くなるタイプの糸のことで、これを使うことで発生するメリットが抜糸のためにまた医院に足を運ばなくてはいけないというようなことが無くなるということです。
しかも、抜糸とは言えペニスは敏感ですから普通に抜糸するだけでもやっぱり結構痛いですからね。
その工程を取らなくてもよくなる、というのは非常に患者さんにとってもありがたいことではないかと思います。
また、専門機関の医院では包茎治療の際に皮を切除する時に勃起時のペニスの全長を元にして決定するので、包茎治療を終えた後でペニスを勃起させたときに短く切除しすぎて皮が引っ張られてしまうというような感覚を生じることも殆ど無いのですね。
専門の医院では、この皮を切除する長さなどを計測する時は精密にミリ単位で計測してくれますし、切除するためのラインなども3D精密曲線作製図法という物を利用することによって、ズレが起きたりしないようなラインを設定しますので、包茎治療の跡が殆ど目立たないようにしっかりと亀頭の根元部分に来るように仕上げてくれるのですね。
仕上がりが綺麗に済むというのも包茎治療においては重視すべき点でしょう。

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP